離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

今井絵理子議員に学ぶ 夫婦関係が破綻していたら不倫しても良いの?

2018-10-04 23:53:38
テーマ:不倫・浮気

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は元SPEEDの今井絵理子議員の
批判覚悟の交際宣言がニュースを賑わしていましたね。

 

今井議員、橋本氏、お二人の
「離婚調停中で夫婦関係は破綻していた」
「一線は超えていない」
等の言動が世間の注目を浴びています。

 

さて、夫婦関係が破綻していたら
不倫をしても良いのか?との問題ですが
個人的な意見としては
籍が入っている以上「不倫は不倫」なのではないでしょうか。

 

やはり、お付き合いをするのであれば
離婚をしてからするものでしょう。

 

配偶者が行方不明であったり
DV配偶者から逃げている状況であったり
離婚したくてもできない状況も確かにあります。

 

そういった特殊な事情は抜いて
一度「結婚」を選択した以上は
きちんと「離婚」をしてからお付き合いをするのが
道理なのではないでしょうか。

 

夫婦関係が破綻している状況で
不倫をした場合には
「慰謝料の請求ができない」
ということです。

 

けっして「不倫をしても良い」
ということではありません。

 

夫婦関係が破綻している状況とは
お互いに破綻を認識している状況です。

 

例えば、別居していて連絡もとっていない状況であったり
家庭内別居しているような状況です。

 

毎晩、奥さんの作る料理を
旦那さんが食べているのであれば
破綻している とまでは言わないのかもしれませんね。

 

セックスレスではない場合は
もちろん破綻しているとは言わないでしょう。

 

不倫をしている二人だけが良いと思っている状況が
配偶者や周囲の人から見ると
どのように見えるのか?
という事も考えてほしいものですね。

 

もっとも、恋愛に一生懸命になっている二人には
そのような声も届かないのかもしれません。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ